大きくする 標準 小さくする

2008年03月07日(金)更新

『聴診器ブックExtra』(日本実業出版社)  第1回ミーティング in 東京

事務局・テストマーケティング研究所担当の大久保です。
先日、弊社内にて行われました、「『聴診器ブックExtra』第1回オフラインミーティング」の模様をお届けします。

『聴診器ブックExtra』モニター募集記事についてはこちら↓
http://mar-labo.keikai.topblog.jp/blog/10008019.html

その前に、「オフ会でもないのに、いったい何を話すの?」「どんな感じで進行するの?」etc.といった、ミーティングそのものについて、ご説明しましょう。

初回だったため、円滑に進行していくためのルールが、まず決められました。

●ルールその1 話をさえぎらない。提供者は参加者の意見をまず受け止める

当たり前といえば当たり前のことですが、なかなかできないのがこれではないでしょうか。

モニターとして参加している方は、利用者サイドの視点で「この商品をもっと使い勝手のいいものにしよう」と意見を出しておられると思います。
当然、提供者にとって耳の痛い意見も出てくるでしょう。ですが、「いや、それは実は既に考えているんですよ。というのはですね~」と返してしまっては、意見交換が成立しなくなる恐れがあります。

そこで、提供者は参加者の意見をいったんすべて受け止めることをルールとしました。たとえその内容が、「本気でこれを売っていくなら、販売を延期してみては」という類のものでも、「なるほど」とじっくり聞いてみましょう、ということです。

●ルールその2 Mustはいらない。自分の事例を話す

「これ、ここを変えるべきだよね」と単純に言うよりも、「私のところでAって商品を出したとき、こういうことがありましてね。で、新規販路を開拓するために●●っていうルートに話をつけて…」と、できるかぎり事例などを交えて話すほうが、説得力も上がります。

●ルールその3 参加者は全員フラットな立場で忌憚のない意見を交換する

実はこれが一番大事なルールかもしれません。

参加されるのは全員経営者のみなさまです。当然ながら、そこには利害関係が発生する可能性もあれば、経営者としての年季・貫禄・企業規模の違いもあるかと思います。

ですが、そこで「モニター商品を提供したのが尊敬する大先輩だから、恐縮して意見を口に出せなかった」では、テストマーケティングの意味を成さなくなってしまいます。
年齢・企業規模・同業種/異業種…、すべての垣根を取り払うことで、フラットに意見を言える。これは「経営者会報ブログ」だからこそ、できるのではないでしょうか。


前置きが長くなりました。それでは、第1回オフラインミーティングの模様をお伝えしましょう。
今回の題材としてとりあげた『聴診器ブックExtra』ですが、販売戦略部分とPR手法、そして類似する商品企画の可能性という3つにしぼって、意見交換が行われました。

今回の参加者は事務局のメンバーとブロガーの会員様をあわせて8名ほど。
記事を書いておきながら申し訳なくなってくるのですが、とてもここには出せないような裏話が飛び交う、ある種過激なミーティングの場となりました(そういう意味では、記者泣かせのミーティングだったとも言えます)。

実際のところ、「出版」という狭い業界の商慣習にとらわれた私どもにとって、目からウロコが落ちたと言えばいいのでしょうか。他業種からみると「なんでそんなこと気にしてるの? ウチの業界では、もう何年も前に、そんな商慣習は体をなさなくなりましたよ」といったサジェストをいただきました。

参加者のみなさまには、この場を借りてお礼申し上げます。

加えまして、弊社酒井がその後の懇親会の模様まで含めてお伝えしております。
あわせてご覧ください。↓
http://sakai.keikai.topblog.jp/blog/100/10008230.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
次回は、「『聴診器ブックExtra』(日本実業出版社)  第2回ミーティング in 大阪」として4月8日(火)を予定しております。

プロフィール

みなさまの商品・サービス開発にお役立ち!

<<  2008年3月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31